1985767_m_edited.jpg

襖について

襖について

新しい襖
襖紙の種類

○最高級品○高級品○上級品○中級品○普及品

<鳥の子>
○加飾本鳥の子
○本鳥の子…手漉きの紙
○鳥の子…機械で漉きます
○上新鳥の子…鳥の子の普及品
○新鳥の子…最も廉価な紙​

<織物>
○伝統織物
○高級織物
○中級織物
○普及品

※縦糸と横糸が高級な紙ほど目が詰まっていて、絵柄も手加工された高級なものから印刷された廉価な物があります。

襖の特徴

襖は下地処理が大切で仕上がりにも差が出ます。
古くなった紙を剥がさなくても上から袋張り(水貼り)すれば手抜き作業が出来ますが、後からシミが出たり、シワが四隅に出来たりとやっかいです。
素人貼りは襖のいろんなところを傷めてしまいます。

  • 襖紙や空気層が水分を吸収したり出したりする、調湿効果がある

  • 何度でも張り替えが出来る

  • 軽い

  • 部屋のイメージを変えれる 明るくなる、装飾

  • 木と紙で作られているので人に優しい

  • 空気中の汚れを吸収する

襖の取っ手
和室
障子の特徴

障子は和紙を剥がす時に技術が入ります。適当に剥がすと木がさくれたり、糊が残ったり障子が傷みます。
特に水洗は大切で、ヤニや誇りなどをしっかり落としてからよく乾かします。この作業をしっかりしないと、後からアクや黄ばみが出たり仕上がりに差が出ます。

  • 紙が空気中の水分を取り、乾燥すると水分を出す、調湿効果がある

  • 調光効果

  • 空気中の汚れを吸収する